« 2000年問題から学ぶコロナウイルス対応 -インフルエンザは先行指標になりうるのか  | トップページ | 持続化給付金(速報版)の公表 -季節性収入特例の事例- »

2020年4月21日 (火)

「会計の基本」15刷りの御礼 -本は書店で買いましょう-

  このたび、拙書『この一冊ですべてわかる 会計の基本』が、2010年の刊行から15度目の増刷となりました。
20200421
 
これも、ひとえに読者、書店並びに出版社の皆様のご協力のおかげです。この場をお借りして御礼申し上げます。

本書は会計の基本書でありますが、増刷のたびに会計制度にあわせた改訂を行っています。
また、各章末に設けたブックガイド欄も都度更新しており、今回は第7章「企業価値」の推薦図書として宮川壽夫先生の『企業価値の神秘』を追加しました。

現在、コロナウイルスへの緊急事態宣言により多くの書店が休業状態にあります。
本書が書店の棚に並ぶのも、もう少し先になろうかと思われますが、お見かけになられた際には、書店への応援も含め是非、ご購入下さい!
(書店の減少ペースは物凄い勢いで進んでおり、かつては、2万5千店あった新刊取扱店が、現在では1万店を切ったと言われています。今回の自粛は書店経営にも壊滅的な影響を与えています。酔っぱらった仕事帰りにふらっと書店に寄るという、あの貴重な時間が無くなるのは悲しすぎますよね。)

|

« 2000年問題から学ぶコロナウイルス対応 -インフルエンザは先行指標になりうるのか  | トップページ | 持続化給付金(速報版)の公表 -季節性収入特例の事例- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2000年問題から学ぶコロナウイルス対応 -インフルエンザは先行指標になりうるのか  | トップページ | 持続化給付金(速報版)の公表 -季節性収入特例の事例- »