« 居住用賃貸建物に関する消費税改正へのシステム対応  | トップページ | 飲食店は10日間の軽減売上割合の特例適用を検討しよう  »

2020年4月 1日 (水)

収益認識に関する会計基準の改正

昨日3月31日付で企業会計基準委員会から企業会計基準第29号『収益認識に関する会計基準』の改正が公表されました。

https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/accounting_standards/y2020/2020-0331-01.html

2018年3月に公表された「収益認識に関する会計基準」はIFRS15号に準じた内容ですが、開示と注記部分の詳細については新基準適用までの検討課題とされていました。
今回の改正により開示と注記部分の詳細が決定しました。

基本的には、昨年10月30日に公表された改正案と同様の内容になっています。

新型コロナウイルスの影響で確定申告の期限が1ヵ月、オリンピックも1年間延期されています。
収益認識基準の適用開始も1年程度延期してもらえないかと期待していたのですが、適用時期については当初通り

2021年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首から

で変更はありません。

|

« 居住用賃貸建物に関する消費税改正へのシステム対応  | トップページ | 飲食店は10日間の軽減売上割合の特例適用を検討しよう  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 居住用賃貸建物に関する消費税改正へのシステム対応  | トップページ | 飲食店は10日間の軽減売上割合の特例適用を検討しよう  »