« 消費税率改正後の月次決算における留意点 -本当のヤマはこれからだ! | トップページ | 【書評】「経理」の本分 »

2019年10月31日 (木)

「収益認識に関する会計基準」改正案の公表 

昨日、10月30日付で企業会計基準委員会から企業会計基準第29号『収益認識に関する会計基準』の改正案が公表されました。

https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/exposure_draft/y2019/2019-1030-1.html

2018年3月30日に公表された企業会計基準第29号『収益認識に関する会計基準』では、表示及び注記事項についての詳細は定められておらず適用開始時までの検討課題とされていました。
そこで、今回公表された公開草案では、収益の表示方法及び注記事項についての詳細が追加されています。

注記事項は、基本的にIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」において求められている項目とし、重要性が乏しい場合には注記を省略できる旨を規定することで業務負荷の軽減が図られています。

公開草案へのコメント募集期日は2020年1月10日です。

201910312

|

« 消費税率改正後の月次決算における留意点 -本当のヤマはこれからだ! | トップページ | 【書評】「経理」の本分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税率改正後の月次決算における留意点 -本当のヤマはこれからだ! | トップページ | 【書評】「経理」の本分 »