« 新元号による源泉所得税納付書の記載 | トップページ | 国税庁「消費税の軽減税率制度に対応した経理・申告ガイド」の公表 »

2019年5月24日 (金)

決算書の日付表記について(「会計の基本」14刷りの御礼)

このたび、拙書『この一冊ですべてわかる 会計の基本』が、2010年の刊行から14度目の増刷となりました。
これも、ひとえに読者並びに営業部門を中心とした日本実業出版の皆様のご協力のおかげです。この場をお借りして御礼申し上げます。

本書は会計の基本書でありますが、増刷のたびに最新の会計制度にあわせて改訂を行っています。
今回の改訂では、決算書の日付表記を「邦歴(令和)」にするか「西暦」にするかで頭を悩ませました。
結論としては招集通知のいわゆる株懇モデルに準じまして
「明示しない(○年○月○日等と表記」
方向で対応しております。(弱気な折衷案で申し訳ありません)

20190524

書店で目にされる機会も増えると思いますので、その際は、一度、お手にとっていただければ幸いです。

201905242

|

« 新元号による源泉所得税納付書の記載 | トップページ | 国税庁「消費税の軽減税率制度に対応した経理・申告ガイド」の公表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新元号による源泉所得税納付書の記載 | トップページ | 国税庁「消費税の軽減税率制度に対応した経理・申告ガイド」の公表 »