« 消費税法における仮想通貨の定義-システム運用はつらいよ- | トップページ | 収益認識に関する会計基準(案)の公表  »

2017年6月27日 (火)

遂に決算書が動き出す! e-ラーニング講座の開講

6月28日より日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)が提供している法人向け社員教育ツール 『e-ラーニングライブラリ』 において、私が監修した 『決算書が読めるコース』 が開講します。

プレスリリース
https://digitalpr.jp/r/22288

この講座では、私が開発した「B/S似顔絵分析法」「P/L時計分析法」「C/F三段跳分析法」を使って決算書の読み方を学んでいきます。

20170628

「B/S似顔絵分析法」を公開して以来、友人や編集者から、これをWebで提供できればおもしろいのにと言われておりました。
私自身もかつてはSEでしたので、Web上で動く簡単なプログラムでも作ってみようかと思ったものの、所詮、コボラー(COBOLを主言語とする老プログラマーの蔑称)のスキルで動画を扱えるわけもなく、当企画は長らくお蔵入りしていたのです。

それが、今回、JMAMさんからe-ラーニング教材作成の依頼があり、ついに現実のものとなりました。

このページから、Youtube版のデモ画像が見れますが、
http://www.jmam.co.jp/hrm/course/elearning_lib/vjv.html

一部だけ、サンプルをお見せしますと、「B/S似顔絵分析法」は、こんな感じで動きます。



さらに、「P/L時計分析法」はこんな感じ。



静止画だけでも十分インパクトのあった各分析手法が、事例とともに動画で提供されるのですから、これを見れば決算書の読み方がわかるどころか、夢の中に出てきてうなされるレベルの衝撃と言えましょう。

JMAMさんのe-ラーニングプログラムは

オンラインで1年間、いつでも、何度でも、手軽に学ぶことができる、法人向け教育ツールです。個々人の学習履歴を簡単に把握できるほか、費用についてもマネジメント系教育テーマ全125コースを一人あたり7,560円(税込み)というリーズナブルな価格で受講できます。パソコン、スマホ、タブレット端末などのインターネットを通じて手軽に取り組むことができ、現在、2,000社超、のべ110万人を超える企業・団体に導入されています。
(プレスリリースより引用)

既に当プログラムに加入済みの方だけではなく、この機会にe-ラーニングライブラリへのご登録もおすすめする次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 消費税法における仮想通貨の定義-システム運用はつらいよ- | トップページ | 収益認識に関する会計基準(案)の公表  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/65465248

この記事へのトラックバック一覧です: 遂に決算書が動き出す! e-ラーニング講座の開講:

« 消費税法における仮想通貨の定義-システム運用はつらいよ- | トップページ | 収益認識に関する会計基準(案)の公表  »