« 旬刊経理情報に『消費税「軽減税率」導入への対応ポイント』を寄稿しました | トップページ | 【書評】「金融パーソンが押さえておくべき 相続・事業承継のツボ」 »

2016年6月22日 (水)

『無形資産の評価実務-M&A会計における評価とPPA業務―』の公表

昨日、日本公認会計士協会から、経営研究調査会 研究報告代第57号 「無形資産の評価実務-M&A会計における評価とPPA業務-」が公表されました。

http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/20160621c80.html

この無形資産の評価は、現代会計における重要課題のひとつであり、現場で作業にあたられている方々も暗中模索しているのが現状です。

なぜ、無形資産の評価が重要課題になるのかといえば、無形資産と「のれん」の区分によって損益計算書への影響が大きく異なるため、以下のような局面に遭遇し得るためです。

下記のような状況の場合、無形資産の評価に際しては注意が必要である。
① M&Aが不正の手口として利用されていると推測される。
② M&Aに際して紛争の予防・回避の配慮がされず、交渉が公正に行われず恣意的に決定されていると判断される。
③ 入手した企業価値評価報告書や合意された買収価格を見ても、その価格が極めて過大又は過少と判断される。
 (当研究報告 13ページより)

会計業務に携わられている方でも、無形資産の評価を行う場面は稀かもしれませんが、今回、新しいガイドラインが公表されたことは覚えておくとよいでしょう。
(72ページの大作ですから、読みこなすのはキツイです)

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 旬刊経理情報に『消費税「軽減税率」導入への対応ポイント』を寄稿しました | トップページ | 【書評】「金融パーソンが押さえておくべき 相続・事業承継のツボ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/63814963

この記事へのトラックバック一覧です: 『無形資産の評価実務-M&A会計における評価とPPA業務―』の公表:

« 旬刊経理情報に『消費税「軽減税率」導入への対応ポイント』を寄稿しました | トップページ | 【書評】「金融パーソンが押さえておくべき 相続・事業承継のツボ」 »