« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月25日 (水)

書評『「クラウド会計」が経理を変える!』の掲載

今週刊行された 『旬刊 経理情報』 12月1日号の書評欄において、 原 幹先生 が執筆された 『「クラウド会計」が経理を変える!』



の書評を寄稿しました。


201511251


(原先生は現在、同誌で「IFRSシステム整備の勘所」という連載も執筆されています)

経理関係の専門書ではありますが、部門で購入されている会社も多いと思いますので、お手許にございましたら御一読いただければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

書評、増刷、その他の御礼

『月刊 税理』10月号の書評欄において拙書 『2時間で丸わかり 会計の基本を学ぶ』 の書評を掲載していただきました。

20151113_2


ご注意いただきたいのですが、既に書店には11月号が並んでいます。
実は、掲載誌を出版社から送っていただいたのですが、事務所でも「月刊 税理」を定期購読していたため、書評の掲載に気づくのが遅れてしまいました(ぎょうせい編集部の皆様、大変、失礼しました)。

201511132


また、先日は、らくからちゃ氏のブログ「ゆとりずむ」でも、拙書をご紹介いただきました。

「簿記の基礎と基本について10分ぐらいでわかるようにまとめてみる」

このブログは、個人の方が運営されているのですが、内容の充実度が凄まじく、先日のエントリーは1500(!)はてブを超えております。

201511131

しかし、ここまで充実した内容の記事が無料で読めるならば、あえて私の本を買われる方はいないのでは?(職業作家としては商売、上がったりです)

藤沢数希氏の 「金融日記」 でも、

「個人事業と小さな会社の経理と節税はこの4冊だけで大丈夫」

201511133



の4冊の1冊として、拙書を取り上げていただきました。

藤沢氏は、クラウド会計システムを用いた小規模事業者の経理の自動化を推薦しています。
拙書の第4章では 「簿記がわからなくても経理はできるの?」 と題して、会計ソフトを利用した簡便な経理方法について解説しているので、その部分も評価していただけたのでしょう。

さらに、すらたろう氏の「すらすら日記」

「どうやって「会計の基本」を教える/教わる?」

201511134_2


でも、拙書を推薦いただきました。
実務においては自分が学ぶ以上に、他のスタッフに教えることの方が難しいものです。拙書がその参考になれば幸いです。

最後に、前々作の 『まんがでやさしくわかる 決算書』 もご好評いただき、このたび5度目 6度目(【訂正】今回が6刷りなので、増刷回数としては5回が正しいです)の増刷 となりました。
重ねて御礼申し上げます。

201511135_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

「業務処理統制に関する評価手続」と「給与計算システムの受託業務に係る内部統制の保証報告書の記載例」の公開草案

本日11月11日付で、日本公認会計士協会(IT委員会)から、IT委員会研究報告 「業務処理統制に関する評価手続」の公開草案が公表されました。

http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_1833.html

この研究報告は、従来指針となっていたIT委員会研究報告第36号「自動化された業務処理統制等に関する評価手続」を近年の関連規定の改正にあわせて更新したものです。

例えば、研究報告36号に載っていたRCMは、個々の内部統制とアサーションの関係が単純に並列に記載されていましたが、今回のバージョンでは冒頭に「起こりうる虚偽表示」としてとりまとめる様式になっています。

また、同日の11月11日付けでIT委員会研究報告 「給与計算システムの受託業務に係る内部統制の保証報告書の記載例」 の公開草案も公表されました。

http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_1834.html

こちらは、監査・保証実務委員会実務指針第86号「受託業務に係る内部統制の保証報告書」による実務の参考のために、委託先の給与計算システムの保証報告書を事例としてまとめたものです。

マイナンバー法の導入にあわせて給与関連業務の外注化を進める企業も増えていますので、題材としてもタイムリーでしょう。

両公開草案ともに意見募集期日は平成27年12月11日です。

20151111

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

「仕事・人生が変わる すごい!本370冊」の1冊

昨日、本屋をのぞいてみると、 『仕事・人生が変わる すごい! 本370冊』 (日経BP社) というMOOKが平積みされていました。

201511101_2


「この本、読んだら本当に、人生が変わるのかよ!」

と、ツッコミながら立ち読みしていると、
何と拙書 『借金を返すと儲かるのか?』 が紹介されているではないですか!


201511102


しかし、どこかで見たことがあるような文章?
さらに、拙書の選者はisologueの磯崎哲也氏・・・

これは、当ブログでも以前ご紹介した 日経Asocie 2011年5月号の記事を再編集したものでした。
(裏表紙にも、本書は日経Asocieに掲載された記事を抜粋・編集したものである旨が記載されています)

本書で、はじめて拙書を知る方も多いと思いますので、ご紹介いただき誠にありがとうございます。

ただし、本書で紹介されている「借金を返すと儲かるのか?」は、既に『儲けにつながる「会計の公式」』として文庫化しているため、現在、単行本では販売しておりません。




仕事・人生を変えたい方は、お手数ですが文庫版の方をご購入ください。
(単行本のほぼ半値になってます!)

【追記】
個人的に、本書に選ばれた370冊の中で、読んで本当に人生が変わるのは、ヴィクトール・フランクルの『夜と霧』だと思います。
(本書中でも2名の方が推薦してます)



このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »