« ポール・マッカートニーから歴史を学ぶ ~30年目のFrozen Jap~ | トップページ | IFRS15 Revenue from Contracts with Customers の矛盾 »

2014年5月23日 (金)

『会計数字の馬鹿』 台湾にて発売開始! 

昨年 4月に発売 した、
『早い話、会計なんてこれだけですよ!』
の台湾語版(中国語版が正しいのかな?)が完成しまして、今月末から販売が開始されます。

http://www.books.com.tw/products/0010637025?loc=006_020

20140523

翻訳のオファーが来たのが、発売直後の昨年5月でしたので、ちょうど1年で翻訳版刊行となりました。

3年前に刊行した、 『借金を返すと儲かるのか?』の韓国語版 に続く海外進出(?)であります。

前回の韓国語版では、原題の「借金を返すと儲かるのか?」が 「世界で最も簡単な会計学入門」 に改題されていました。

ハングル文字とは違い、今回の台湾語版は漢字なので、もう少し意味がわかると思ったのですが、見たことのない漢字ばかりです。
そこで、Google翻訳をかけた結果がこちら。

2014052303

『レポートを理解していないときの頭部、あなたも思わないだろう!
偶数 会計数学の馬鹿を得ることは簡単に始めることができます』

「馬鹿でもわかる」といった意味なんでしょうか?

とりあえず、台湾のグループ会社への経理指導、はたまた台湾旅行のお土産に、機会がございましたら、是非、ご購入ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ポール・マッカートニーから歴史を学ぶ ~30年目のFrozen Jap~ | トップページ | IFRS15 Revenue from Contracts with Customers の矛盾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/59688971

この記事へのトラックバック一覧です: 『会計数字の馬鹿』 台湾にて発売開始! :

« ポール・マッカートニーから歴史を学ぶ ~30年目のFrozen Jap~ | トップページ | IFRS15 Revenue from Contracts with Customers の矛盾 »