« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月24日 (火)

消費税率改正に備える 他部門への直前確認ポイント

先週発売された、旬刊 『経理情報』 2014年1月1日号において、

「経理部門がやっておきたい
  消費税率改正に備える 他部門への直前確認ポイント

を寄稿しました。

2014年4月1日の消費税率改正まで残された期間は約3カ月。 
そこで、改正作業を円滑に進めるために他部門に確認しておくべき事項を抽出し、留意点とともに解説しました。

20131224


今年の1月1日号にも、 「消費税アップに備えた会計システムの変更点」 という記事を寄稿しましたので、丁度、1年振りの執筆です。

現在、旬刊「経理情報」誌では年末の読者アンケート
http://www.keirijouhou.jp/enq_2013.html

を実施しているのですが、その中の「購読を継続するきっかけになった記事」に、前回の当方の記事が挙げられていたと編集者から伺いました。

作者として、大変、うれしい話であり、執筆の苦労が報われました(涙)。

今回の記事も皆さんのお役に立てるように頑張りましたので、ご一読いただければ幸いです。

【ご案内】
新刊 『仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本』 を刊行しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

「会社の数字」は「会社を変える」ことができるのか?

本日、18日より、拙書 『仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本』 の書店販売が開始されます。

20131218_3


昨日、すばる舎の編集者から、おもしろい話をうかがいました。

すばる舎の会長さんが、今度の新刊をいたく気に入られたそうで、すばる舎の全社員に配布することになったそうです。

このように、書籍を組織で一括購入することは、よくある話ですが、この会長さんは徹底しており、本の内容をきちんと理解しているか年明けに面談(!)を行うお達しをだされたそうです。

作者としては、大変うれしい話ですが、すばる舎の営業や総務部門の方々にとっては、年末に面倒な仕事を増やした張本人と嫌われるのではないかと不安です。

しかし、すばる舎の皆さんが本書を読まれて 「会社の数字」 に強くなれば、来年からの業績アップは間違いないでしょう!

(その前に、この本の販売が業績に貢献するのが一番ですので、当ブログをお読みの方々も、是非、ご購入ください。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

新刊『仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本』が発売されます!

本日、新刊 『仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本』 の見本版ができあがりました。

Amazonでは、12月13日から、一般書店では12月18日から発売されます。

今回、すばる舎の編集者から「会社の数字」というお題で執筆依頼をいただいたのですが、このジャンルは定番である一方、既存書も多いため差別化が難しいジャンルです。

そこで、今回は 「会社の数字」が大切だとわかる前の読者を対象にしようということで、このような長い題名になりました。

実際の仕事で会社の数字の大切さに気付かされるのは、どのような局面でしょうか?

それは、社長に呼ばれ、
社長室のドアをノックして入ると、開口一番。

「山本君、今年の利益はどうなってるの?」

「当然、予算は達成できるよね」

「それで、税金はどれくらいなの?」

そして、最後にひとこと。

「数字を出してくれ、数字を!」

このような、局面に遭遇する前に、本書をお読みいただきたいのです。

また、会社の数字の大切さを知るということは、言い換えれば、経営者と意識を共有するということです。

社長や部長が、なぜ、その数字を気にするのか
そして、その数字は、どのようにしてつかむのかを解説する一冊です。

本書の8つのパートで、以下のことを身に付けられます。

PART1 お金の動きをつかむ
PART2 利益の見通しをたてる
PART3 税金を概算でつかむ
PART4 給料はどこまで払えるのか
PART5 どうすれば利益が出るのか
PART6 予算編成への対処法
PART7 適正在庫の金額をつかむ
PART8 良い会社と悪い会社を見分ける

書店で見かけた際には、一度、お手に取っていただければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

「にっぽんの元気人」にインタビューが掲載されました

大塚商会のパートナー向け広報誌 BP Navogator  第71号の「にっぽんの元気人」に当方のインタビュー記事が掲載されました。

http://bp-platinum.com/platinum/view/files/bpntogo/vol/genkijin.html

20131202ate

「にっぽんの元気人」というコーナーにも関わらず、とても元気には見えない不健康そうな顔の写真が載っていますが、これは、元から顔色が悪いのと、取材が夕方になってしまったという不幸が重なった結果ですのでご容赦ください。

BP Navigatorは大塚商会のパートナー向けの広報誌ですので、一般の方が目にする機会は少ないかもしれません。
ただし、この「にっぽんの元気人」のコーナーはWeb上でも公開されており、過去のバックナンバー を読むことができます。

第7回 サイゼリア社長 正垣 泰彦氏 
第12回 早稲田大学ファイナンス研究家顧問 野口悠紀雄氏
第19回 外交ジャーナリスト 手嶋龍一氏

など、興味深い記事も多いので、こちらもご参照ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »