« 消費税法施行規則の再改正  | トップページ | 連載『消費税改正とシステム対応』第3回 『消費税増税、システム対応の肝は「仕入税額控除」』 »

2013年7月11日 (木)

複数税率に対応した消費税申告書様式の公表 

7月1日付で、消費税法基本通達が改正され、税率改正に伴う文言等の修正が行われました。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/kaisei/130701/index.htm

それにあわせ、「消費税関係申告書等の様式の制定について」(法令解釈通達)も複数税率に対応した様式に変更されています。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/kaisei/130701/pdf/02.pdf

平成9年の5%への変更時にも、同様の様式を使用したのですが、今回は、消費税率3%、4%、6.3%の3列バージョン(!)です(消費税法の付表のため、税率は地方消費税分を除いた記載になっています)。

来年、こんな申告書を作成すると思うと憂鬱になります。
(10%に上がった際は、4列バージョンになるわけですか!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 消費税法施行規則の再改正  | トップページ | 連載『消費税改正とシステム対応』第3回 『消費税増税、システム対応の肝は「仕入税額控除」』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/57768856

この記事へのトラックバック一覧です: 複数税率に対応した消費税申告書様式の公表 :

« 消費税法施行規則の再改正  | トップページ | 連載『消費税改正とシステム対応』第3回 『消費税増税、システム対応の肝は「仕入税額控除」』 »