« 複数税率に対応した消費税申告書様式の公表  | トップページ | 「旬刊経理情報」誌に「消費税改正の要点とシステム対応」の書評掲載 »

2013年7月12日 (金)

連載『消費税改正とシステム対応』第3回 『消費税増税、システム対応の肝は「仕入税額控除」』

本日、TechTarget にて、『消費税改正とシステム対応』の連載の第3回、『消費税増税、システム対応の肝は「仕入税額控除」』が掲載されました。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1307/11/news01.html
(閲覧には、アイティメディアIDが必要です)

今回の消費税率改正にあたって、会計システムの消費税区分を新たに追加しなければなりません。
しかし、会計パッケージが用意している消費税区分の内容をすべて理解されている方は少ないのではないでしょうか。

各消費税区分の意味を理解するためには、消費税法における仕入税額控除の計算方法の知識が必要になります。
そこで、今回は、少し専門的になりますが、仕入税額控除の種類について説明しています。

特に、個別対応方式を採用する場合、「用途区分」をどのように設定するかは、システム設計時の重要論点になります。

一度、お目通しいただければ、幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 複数税率に対応した消費税申告書様式の公表  | トップページ | 「旬刊経理情報」誌に「消費税改正の要点とシステム対応」の書評掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/57772194

この記事へのトラックバック一覧です: 連載『消費税改正とシステム対応』第3回 『消費税増税、システム対応の肝は「仕入税額控除」』:

« 複数税率に対応した消費税申告書様式の公表  | トップページ | 「旬刊経理情報」誌に「消費税改正の要点とシステム対応」の書評掲載 »