« 税抜価格の逆襲! 消費税法施行規則の改正 | トップページ | 今週のセミナーに参加された方々へ 金融庁 『IFRSへの対応のあり方に関する当面の方針』の公表 »

2013年6月14日 (金)

連載第2回『勝負は10月1日―消費税「経過措置」とは』

本日、TechTarget にて連載している 『消費税改正とシステム対応』 の第2回、 『勝負は10月1日――消費税「経過措置」とは』 が掲載されました。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1306/14/news01.html
(閲覧には、アイティメディアIDが必要です)

今回の消費税率改正は、平成26年4月1日から施行されますが、税率改正にあたって各種の経過措置が設けられています。

その中でも、指定日(平成25年10月1日)までに契約した取引について旧税率を適用する経過措置は、喫緊の課題になります。

そこで、今回は、指定日に関係する経過措置の中でも影響範囲の広い「工事等の請負契約」「資産の貸付」に係る扱いを中心に解説しています。

一度、お目通しいただければ、幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 税抜価格の逆襲! 消費税法施行規則の改正 | トップページ | 今週のセミナーに参加された方々へ 金融庁 『IFRSへの対応のあり方に関する当面の方針』の公表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/57589446

この記事へのトラックバック一覧です: 連載第2回『勝負は10月1日―消費税「経過措置」とは』:

« 税抜価格の逆襲! 消費税法施行規則の改正 | トップページ | 今週のセミナーに参加された方々へ 金融庁 『IFRSへの対応のあり方に関する当面の方針』の公表 »