« 村上春樹氏との死闘 第3幕 | トップページ | これは、役立つ!改正消費税Q&A »

2013年4月16日 (火)

ビジネス書10位と文芸1位の間には (村上春樹氏との対決の顛末)

新刊 『早い話、会計なんてこれだけですよ!』 発売から1週間が過ぎました。

おかげさまで、先週の三省堂 有楽町店 ビジネス書ランキングで第10位となりました。

20130415best10

有楽町店では、書店と出版社の営業の方々の御尽力により、会計以外の棚にも多面展開していただいており、その効果が出ているようです。

と、喜んでいるのもつかの間、ライバル(?)である村上春樹氏の新作 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 が先日、発売されました。
その時の三省堂 有楽町店の様子がこちらです。

20130415murakami


勝てるわけがありません・・・・ 

この週末だけで、大型書店では1000冊(!)を売り切ったといわれています。

私も拝読しましたが、今回の作品は前作「1Q84」ほど難解ではなく、過去の村上氏の長編で比較すると「ノルウェーの森」と「国境の南、太陽の西」の中間レベルといったところでしょうか。
したがいまして、村上氏の著作の中でも読みやすい方ですから、これからも読者層を広げ150万、200万部(!)を目指す勢いです。

先日の、不謹慎な エントリー は早々に撤回させていただきます。

しかし、文芸1位とビジネス書10位の間に、こんなに差が付くこともないんですがねえ  Orz

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 村上春樹氏との死闘 第3幕 | トップページ | これは、役立つ!改正消費税Q&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/57182369

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス書10位と文芸1位の間には (村上春樹氏との対決の顛末):

« 村上春樹氏との死闘 第3幕 | トップページ | これは、役立つ!改正消費税Q&A »