« 平成25年度税制改正大綱とシステムの接点 | トップページ | 書評『ベンチャーファイナンス実践講義』 »

2013年1月27日 (日)

著者インタビューが掲載されました

BOOKSCAN さんの、著者インタビューに、

http://www.bookscan.co.jp/

当方のインタビュー記事が掲載されました。

http://www.bookscan.co.jp/interview.php?iid=135

最初に、インタビュー依頼があった際には、お断りする予定でした。
と申しますのも、最近、著者や士業をターゲットにした取材商法というものがありまして、取材された側が掲載料を請求されてしまうという、街頭のキャッチセールスのような業者が横行しているためです。

しかし、BOOKSCAN社は、いわゆる自炊代行を行っている会社で、啓蒙活動の一環として著者インタビューを掲載されいるとのことで、今回のインタビューに至りました。

実際に掲載されてからHPを拝見しますと、内田樹氏、山形浩主氏、田坂広志氏等々の大物の先生方の間に、自分の顔が紛れ込んでいるは恐縮至極であります。

当方の、インタビューはどうでもよいのですが、このHPの著者インタビューは、様々なジャンルの著者が、ざっくばらんに回答していて興味深いものが多くお勧めです。
(以前から 『考具』 でお世話になっている加藤昌治氏のお顔も、初めて拝見しました。)

インタビュー項目は、基本的に、著者の現在の業務、読書歴と推薦書籍、執筆方法についてなのですが、特に、執筆方法は同業として参考になります。

その中でも、驚いたのは、最近、自己啓発書でヒットを連発している千田琢哉氏の記述でして、

『1冊の本を書くのに、タイトル決め、章立てから始めて脱稿するまで、最大5日間ですね。』

最大5日で1冊仕上げられているとのこと。(最大ですよ!)
また、小宮一慶氏は、

『今新聞の連載は2つ持っていて、読売新聞に毎週と、日経の夕刊も2週間に1回書いてるんですけれど、どっちも600字くらいだから5分くらいです。』

プロの仕事は大したものだと、感心した次第です。
そのほか、各著者の読書歴も興味深いものが多いので、是非、一度、ごらんください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 平成25年度税制改正大綱とシステムの接点 | トップページ | 書評『ベンチャーファイナンス実践講義』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/56639300

この記事へのトラックバック一覧です: 著者インタビューが掲載されました:

« 平成25年度税制改正大綱とシステムの接点 | トップページ | 書評『ベンチャーファイナンス実践講義』 »