« 著者インタビューが掲載されました | トップページ | 税率改正にともなう消費税法施行令の公表 »

2013年1月31日 (木)

書評『ベンチャーファイナンス実践講義』

組織内会計士のカリスマ(?)日浦正貴氏から、スター・マイカ株式会社 代表取締役 水永政志氏の新著 『ベンチャーファイナンス実践講義』 (ダイヤモンド社)を献本していただきました。

本書は、2006年に出版された『入門ベンチャーファイナンス』を加筆・修正したものですが、通常の改定版とは異なり、その間に、作者の水永氏自身が社長を勤めるスター・マイカ社の上場を果たされており、真の意味での「実践講義」になっています。

第1章は「ベンチャースピリット」と題して、水永氏の経験が語られていますが、この章がおもしろいです。今月の渡辺淳一氏の「私の履歴書」よりも読みがいがあります。
一転して、第2章以降はベンチャー企業に関わる論点を手堅くまとめた内容になっています。

この内容ですと、比較の対象となるのは、磯崎哲也氏(現在の肩書は新経済連盟「起業イノベーション促進委員会」委員?)の「起業のファイナンス」になろうかと思います。

水永氏の著作は、大学での講義をベースに作られているため、ベンチャー業務の網羅性に注力しているの対して、磯崎氏の著作は、題名通り、ファイナンス部分を中心にまとめられている点に違いがあります。

しかし、両著者が読者に伝えたいポイントは共通しています。
その部分を、本書から引用すれば

「ビジネスはリカバリーも効きますが、資本政策はやり直しが効かないことを、肝に銘じる必要があります」 (本書p134)

の一言に尽きるでしょう。

はっきり申しあげて、2冊同時に購入したところで、増資時の登録免許税以下ですから、間違いを起こす前に御一読されることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 著者インタビューが掲載されました | トップページ | 税率改正にともなう消費税法施行令の公表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/56663930

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『ベンチャーファイナンス実践講義』:

« 著者インタビューが掲載されました | トップページ | 税率改正にともなう消費税法施行令の公表 »