« プレジデント誌に取材協力しました | トップページ | 本日のセミナー受講者の皆様へ JALのB/Sについて »

2012年10月 5日 (金)

『おおかみこどもの雨と雪』とCurtis Mayfield

誠に(誠に)遅まきながら、先日、細田守監督の映画『おおかみこどもの雨と雪』を観賞してきました。

201210052_2

すでに興業収益が40億円を超える大ヒット作であり、ご覧になられた方も多いと思います。

ネタバレになりますので、ストーリーの詳細には触れませんが、狼男の子供をみごもった母親と、二人の子供の成長を描いた作品です。

二人の子供(雨と雪)は、成長の過程で人間になるか狼になるかを選択するのですが、私は、この映画を見ながらずっと、Curtis Mayfieldの名曲”Choice of Colors”を思い出しておりました。Curtisがthe Impressionsに在籍していた1969年にシングルカットされ、R&Bチャートの1位を獲得した名曲です。

この曲は、

”If you had a choice of colors
which one would you choose, my brother”

というセンセーショナルな歌詞で始まるのですが、映画が進行するにしたがって、当方の思い込みは頂点に達し、細田監督は絶対にこの曲にインスパイアされて、この脚本を書いたはずで、「タイトルエンドには、必ずこの曲が使われるはずだ!」と興奮していたのですが、そんなわけもなくエンディングテーマは細田監督が作詞したオリジナル曲でありました。

なお、この曲の最後は

“People must prove to the people
a better day is coming for you and for me”


という歌詞で終るのですが、細田守監督は、現代において、この歌詞を実践し続けている希有な才能と強く確信した次第です。

上映も最終期に入ってきましたが、まだ、ご覧になられていない方は、是非、劇場でご覧になられることをお勧めいたします。

|

« プレジデント誌に取材協力しました | トップページ | 本日のセミナー受講者の皆様へ JALのB/Sについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『おおかみこどもの雨と雪』とCurtis Mayfield:

« プレジデント誌に取材協力しました | トップページ | 本日のセミナー受講者の皆様へ JALのB/Sについて »