« 平成23年度積み残し分の法人税法改正 | トップページ | 平成24年度税制大綱の公表 »

2011年12月 5日 (月)

 「税務弘報」に『95%ルール改正とシステムの見直し』を寄稿しました。

本日発売の税務弘報2012年1月号(中央経済社)の特別企画『消費税23年度改正対応』に、拙稿『95%ルール改正とシステムの見直し』を寄稿いたしました。
お手許にございましたら、お目通しいただければ幸いです。

また、今月号の新春座談会「税率・減価償却・欠損金等の実務」は、阿部泰久、金子裕子、藤曲武美の3氏が、先日成立した平成23年度の積み残し法案成立を前提として、その内容解説をされており、大変タイムリーな記事でお薦めであります(締切から考えてもこの企画は凄いと思います)。

(最後に余談ですが、友人の寺坂茂利氏が、今月号から新たな連載記事『税務効率化計画! 超絶エクセル・テクニック』を始めております。最近、ご無沙汰しておりますが、紙面上でご挨拶することになるとは思いませんでした!)

|

« 平成23年度積み残し分の法人税法改正 | トップページ | 平成24年度税制大綱の公表 »

コメント

こんにちは。
サービス業の経理をしている者です。
今回の消費税95パーセントルールの改正については
昨年の法人税説明会で漠然と聞いていただけに、
ちょっと今頃焦っている恥ずかしい次第です。

こちらの記事を読ませていただき、
勉強になることが多々ありとても助かっております。
ありがとうございます。

初歩的な質問なのですが、
今回の改正は、24年4月1日以降開始する課税期間から適用となっています。
これなのですが、私の勤めている会社は、決算が9月末になります。
今の事業年度が、23年10月から24年9月末となります。
申告時の対応は、23年10月~3月末と、24年4月~9月末で分けて計算しないといけないのでしょうか?
それとも、24年4月1日以降の会計期間で行くと、
24年10月からになるので、
24年9月決算は、従来通りの申告でもかまわないのでしょうか。
(新ルールの対応は、25年9月決算?)
すみません、こんな質問で申し訳ございません。
回答いただけると幸いです。よろしくお願いします。

投稿: 仕訳人 | 2012年1月31日 (火) 17時04分

ご購読いただきありがとうございます。
消費税法上の「課税期間」の規定をご確認いただければ、よろしいかと思います。
下記HPをご参照ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6137.htm

投稿: iwatani | 2012年2月 1日 (水) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/53410976

この記事へのトラックバック一覧です:  「税務弘報」に『95%ルール改正とシステムの見直し』を寄稿しました。:

« 平成23年度積み残し分の法人税法改正 | トップページ | 平成24年度税制大綱の公表 »