«  「税務弘報」に『95%ルール改正とシステムの見直し』を寄稿しました。 | トップページ | 先日のセミナー参加者の皆様へ »

2011年12月10日 (土)

平成24年度税制大綱の公表

本日(12月10日)、平成24年度税制大綱が閣議決定され公表されています。

http://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/24taikou_2.pdf

今回の改正では、自動車重量税の減額が焦点として報道されていますが、反対に言えば、それ以外の重要改正事項は先送りになっています。

所得税では、給与所得控除の上限設定(給与収入1500万円を超える場合、給与所得控除を245万円)、退職所得課税の見直し(勤続年数5年以内の退職所得については税優遇を廃止)、法人税については、研究開発減税の延長のように、会計実務に影響の大きい改正もありますが、一般企業の会計システムに影響を与える改正は含まれていません。

会計システムに影響の大きい消費税については、今後公表される「社会保障・税一体改革成案」に委ねられていますので、こちらの動向に注目すべきでしょう。

|

«  「税務弘報」に『95%ルール改正とシステムの見直し』を寄稿しました。 | トップページ | 先日のセミナー参加者の皆様へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/53451880

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年度税制大綱の公表:

«  「税務弘報」に『95%ルール改正とシステムの見直し』を寄稿しました。 | トップページ | 先日のセミナー参加者の皆様へ »