« 勘定科目の事例 | トップページ | IT委員会報告第3号の公開草案 遂にカラ―化の波が »

2011年6月20日 (月)

韓国で林總先生のお世話になるとは

先月、拙書「借金を返すと儲かるのか –会計の公式-」韓国語版が発売されました(詳細は、こちらをご覧ください)。

そこで、今回、韓国の出版元である知常社(Jisangsa)へ、ソウルまで表敬訪問に行って来ました。

韓国の出版事情について、色々と興味深いお話を伺いましたが、私が一番、聞きたかったことは、邦題の「借金を返すと儲かるのか?」が、どのような経緯で「世界で最も簡単な会計学入門」になったのかでありました。

その件について、尋ねてみますと、答えは単純で、「世界で最も簡単な統計学入門」という書籍の販売実績が良かったので、その題名に合わせただけということです(内容は、関係なかったわけです)。

20110615jisangsa

あわせて、ソウル市内の書店を回ってきましたが、全ての書店で拙書が販売されておりました。
これは、私の書籍が売れているというわけではありません。
現在、韓国では書籍購入の半分近くがネット経由になっており、中小規模の書店が淘汰され、在庫が豊富な超大型書店しか残っていないためです。

反対に、どの店舗も大型書店のため、本を探すのに、かなり骨が折れます。
韓国の書店では、大区分(Fiction、Science etc)には英語表記がありますが、それ以外の棚表示は全てハングル語のみのため、どこに会計書籍が置かれているのかまったくわからないからです。

そこで、平置きの棚の表紙を眺めつつ、近くの棚のジャンルを推理して行くしかありません。すると、どこかで見たことのある表紙が。

20110615book2_2
さすが林總先生。しっかり、韓国語版が発売されております。さらに、近くの棚を見てみますと・・・

20110615book1 

遂に、拙書を発見できました。林先生、ご協力ありがとうございました。

なお、2軒目からは、”IFRS”の文字を目安に棚を探せば良いことに気づきましたので(遅すぎ)、林先生のお力を借りずに拙書を見つけることができました。
(最後に、迷惑そうな書店員さんの図です。ご協力ありがとうございました)

20110615book3_2 

|

« 勘定科目の事例 | トップページ | IT委員会報告第3号の公開草案 遂にカラ―化の波が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/51991615

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国で林總先生のお世話になるとは:

« 勘定科目の事例 | トップページ | IT委員会報告第3号の公開草案 遂にカラ―化の波が »