« 韓国で林總先生のお世話になるとは | トップページ | よくわかる!「ITに対応した監査手続事例」 »

2011年6月29日 (水)

IT委員会報告第3号の公開草案 遂にカラ―化の波が

会計監査の現場においてIT統制評価の指針となっていた、IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」の改正にともなう公開草案が、本日、日本公認会計士協会から公表されました。

http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_1545.html

私が、この草案を見て驚いたのは、本文中の図表「ITインフラの概要の例」がカラ―になっているのです!

今までの委員会報告で、カラ―の図表を見たのは、これが初めてです。
(普段、紙の監査六法と、会計法規のデータベースばかり見ていたので、私が、見落としていたのでしょうか?)。

公開草案が確定版になったときには、3Dになっているかもしれません。

なお、公開草案への意見提出期日は平成23年8月8日です。

|

« 韓国で林總先生のお世話になるとは | トップページ | よくわかる!「ITに対応した監査手続事例」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/52077678

この記事へのトラックバック一覧です: IT委員会報告第3号の公開草案 遂にカラ―化の波が:

« 韓国で林總先生のお世話になるとは | トップページ | よくわかる!「ITに対応した監査手続事例」 »