« IT委員会研究報告第31号の改正 | トップページ | 決算書セミナーの開催 »

2010年6月17日 (木)

確定決算主義がIFRSに与える影響

2010年6月15日付で、日本公認会計士協会から、租税調査会研究報告第20号「会計基準のコンバージェンスと確定決算主義」が公表されました。

http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/20_14.html

我が国の税法における確定決算主義の概要とともに、諸外国における事例を紹介しています。また、本報告書の最終的な意見として、上場企業への損金経理要件の見直しを提言しています。

私も、将来的には、上場企業に限定して損金経理要件を緩め、減価償却費を申告調整できるようになると楽観しているのですが、甘いでしょうか。

|

« IT委員会研究報告第31号の改正 | トップページ | 決算書セミナーの開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確定決算主義がIFRSに与える影響:

« IT委員会研究報告第31号の改正 | トップページ | 決算書セミナーの開催 »