« 複式簿記以来の革命か? | トップページ | 米国におけるIFRS導入計画の見直し »

2010年2月24日 (水)

決算書本100冊から、プロがガチで選んだ5冊

なぜ決算書が読めるヤツは出世するのか 」、「儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方 」の著者である税理士の吉澤大(まさる)先生が、先日、
決算書本を書くため100冊会計本を読んだ上でガチでオススメする会計本5冊」というTweetを書き込まれました。

ガチで推薦された、お勧めの決算書本5冊が、どのようなものかといえば、

右脳でわかる! 会計力トレーニング    田中 靖浩
人事屋が書いた経理の本―MGから生まれた戦略会計マニュアル  協和醗酵工業
決算書はここだけ読もう〈2010年版〉  矢島 雅己
稲盛和夫の実学―経営と会計   稲盛 和夫 (著)
借金を返すと儲かるのか?   岩谷 誠治

というわけで、いずれも ランキング上位を占める名著の隣に拙書が並んでおります。

吉澤先生、おすすめいただき、ありがとうございました。

【追記】
おかげさまで、『借金を返すと儲かるのか?』は、ご好評いただき、 『儲けにつながる「会計の公式」』 として文庫化(日経ビジネス人文庫)されました。

文庫化に際し、 『B/S似顔絵分析法』 による決算書のポイント解説など、大幅に加筆し、”ガチの5冊”に恥じない内容にパワーアップしております。
これからは、お求めやすい文庫版をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 複式簿記以来の革命か? | トップページ | 米国におけるIFRS導入計画の見直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/47651937

この記事へのトラックバック一覧です: 決算書本100冊から、プロがガチで選んだ5冊:

« 複式簿記以来の革命か? | トップページ | 米国におけるIFRS導入計画の見直し »