« 日経コンピュータ誌に書評掲載 | トップページ | 「借金を返すと儲かるのか? ‐会計の公式-」発売開始 »

2009年6月16日 (火)

我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)

2009年6月16日付で金融庁より「我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)」が公表されました。

http://www.fsa.go.jp/news/20/20090616-1.html

これは、2009年2月4日に公表された中間報告(案)について公募した意見を反映したものです。ポイントは以下の2点。

任意適用
2010年3月期(年度)から、国際的な財務・事業活動を行っている上場企業の連結財務諸表に任意適用を認めることが適当。

将来的な強制適用の是非
強制適用の判断時期は、2012年を目途
    (2012年に判断の場合、2015年又は2016年に適用開始。)

我が国の会計基準もアダプションへ向けて、また大きく動き出したようです。

|

« 日経コンピュータ誌に書評掲載 | トップページ | 「借金を返すと儲かるのか? ‐会計の公式-」発売開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/45363699

この記事へのトラックバック一覧です: 我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告):

« 日経コンピュータ誌に書評掲載 | トップページ | 「借金を返すと儲かるのか? ‐会計の公式-」発売開始 »