« 国際会計基準(IFRS)がシステムに与える影響 | トップページ | 内部統制報告制度に関するQ&Aの再追加 »

2009年3月26日 (木)

内部統制監査に関する実務上の取扱いの改正

2009年3月23日付けで、日本公認会計士協会より、監査・保証実務委員会報告第82号「財務報告に係る内部統制の監査に関する実務上の取扱い」が改正されました。

http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/82_3.html

2009年1月23日付けで公表された公開草案から大きな変更はないようです。
http://iwatani-c.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-bab8.html

公開草案で変更された「10.(3)ITに係る全般統制の不備の検討」の記載は、最終版も公開草案から変更はありません。
3月決算企業は、初年度内部統制評価の意見を取りまとめているところだと思いますが、重要な欠陥の最終的な判断については、改正後の当委員会報告をご参照ください。

個人的には、「11.内部統制の重要な欠陥 (6) ①業務プロセスに係る内部統制の不備による虚偽記載の発生可能性の検討」の文中にある、「不注意によりたまたま逸脱が発生したという場合」という表現は見直されると思っていたのですが、最終版でも「たまたま」は残っておりました(どんな不備も「たまたま」だと思うのですが)。

|

« 国際会計基準(IFRS)がシステムに与える影響 | トップページ | 内部統制報告制度に関するQ&Aの再追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/44474856

この記事へのトラックバック一覧です: 内部統制監査に関する実務上の取扱いの改正:

« 国際会計基準(IFRS)がシステムに与える影響 | トップページ | 内部統制報告制度に関するQ&Aの再追加 »