« 国際会計基準がシステム開発に与える影響 | トップページ | 平成21年度税制改正 法案 »

2009年2月 6日 (金)

工事進行基準における外注費の扱い

2009年度から「工事契約に関する会計基準」が導入されます。
対象業種の中でもソフトウェア業の方々は、多くの疑問にぶつかっているのではないでしょうか。
実務上、特に問題になるのは期末時点における外注費の計上方法です。この点について、日経SYSTEM誌 最新号(2009年2月号)の特集記事に、各社の事例が紹介されていますので、参考になると思います。
(ちなみに、当方も、今回の特集のお手伝いをしたため、本文中に登場しております。)

|

« 国際会計基準がシステム開発に与える影響 | トップページ | 平成21年度税制改正 法案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工事進行基準における外注費の扱い:

« 国際会計基準がシステム開発に与える影響 | トップページ | 平成21年度税制改正 法案 »