« 本日のセミナー参加者の方々へ  | トップページ | 東京近郊以外で工事進行でお悩みの方々へ  »

2008年11月 5日 (水)

工事損失引当金の税務上の扱い

先日、連載が終了した日経新聞BizPlusの「適用直前! 工事進行基準で経営はこう変わる」について継続して質問をいただいておりますので、この場をお借りしてご回答いたします。

第6回「工事損失引当金という落とし穴」について、「工事損失引当金は税法上の損金になるのか」という質問を複数の方からいただきました。

この工事損失引当金の計上は財務会計上のものであり、法人税法上の損金には該当しません。税法上の扱いについては、先日改正された法人税基本通達2-4-19もご参照ください。

連載本文中に説明がなかったため、混乱された方々が多かったようです。言葉足らずで申し訳ありませんでした。

|

« 本日のセミナー参加者の方々へ  | トップページ | 東京近郊以外で工事進行でお悩みの方々へ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工事損失引当金の税務上の扱い:

« 本日のセミナー参加者の方々へ  | トップページ | 東京近郊以外で工事進行でお悩みの方々へ  »