« 増刷のご報告  | トップページ | 会計の推薦図書 »

2008年10月14日 (火)

工事進行基準にどう対応するのか

先週末に開催された工事進行基準セミナー受講生の皆様、ご多忙のところご参加いただきありがとうございました。
セミナー中に、お伝えしたように、工事進行基準の適用開始まで残された時間は限られています。早急に自社の現状を把握するとともに、抽出された課題に優先順位を付けて対応を進めていきましょう。

また、日経新聞のBizPlusに連載している「適用直前! 工事進行基準で経営はこう変わる」の連載最終回となる第10回「工事進行基準への対応方法」は、同様の主旨の記事になっていますので、ご一読ください。

過去の工事進行基準関連セミナーの受講者アンケートを拝見すると、半日コースの場合、講義時間が短いという意見を多くいただきます。ご参考に、今後開催するセミナーで、終日(10時~17時)開催のものは、以下の講座になります。(その一方で、半日コースの方が業務への影響が少なく出席しやすいというニーズもあるため、一長一短というところでしょうか)。

10月27日(月)、12月1日(月)いずれも10時~17時 ソフト・リサーチ・センター主催

|

« 増刷のご報告  | トップページ | 会計の推薦図書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工事進行基準にどう対応するのか:

« 増刷のご報告  | トップページ | 会計の推薦図書 »