« 工事進行基準にどう対応するのか | トップページ | 本日のセミナー参加者の方々へ  »

2008年10月27日 (月)

会計の推薦図書

今月初にアルファブロガー小飼弾氏の第2弾著作 「弾言」が発売されました。

Dangen 
書店でも平積みされているので、ご覧になった方も多いと思います。
この書籍の章末には、各章に関連する書籍のブックガイドが載っているのですが、第2章(p120 )において拙書「国語 算数 理科 しごと」が推薦されています。

推薦文を一部、引用させていただきます。

「本書はわずか150ページ、イラストも豊富に掲載されていて、一見子ども向けの学習書の体を取っているが、内容の密度はすさまじい。バランスシートの意義や、損益計算書との関係性がこれ以上にないほど明解に描かれている。会計を理解するためにまず読みたい1冊。」

ということで、皆さんも、すさまじい密度「国語 算数 理科 しごと」を是非、一度、お手にとってみてください。

|

« 工事進行基準にどう対応するのか | トップページ | 本日のセミナー参加者の方々へ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会計の推薦図書:

« 工事進行基準にどう対応するのか | トップページ | 本日のセミナー参加者の方々へ  »