« 「工事進行基準で経営はこう変わる」第8回 補足 | トップページ | 工事進行基準の適用対象会社は? »

2008年9月26日 (金)

「工事進行基準で経営はこう変わる」第9回 補足

日経新聞のWebサイトBizPlusに連載している「適用直前! 工事進行基準で経営はこう変わる」第9回「工事進行基準導入による影響」が公開されました。

「どのような会社が、工事進行基準の適用対象となるのか?」
多くの方々が抱く疑問ですが、この問いに答えるのは、結構、厄介です。なぜなら、この答えを理解するためには、その前提として会計制度の構造を理解していなければならないからです。
会計制度の構造とは、財務会計と税務会計の重層構造を指します。(前回連載 第2回も御参照ください)。ひとことで「会計」と言っても、その中身は「財務会計」と「税務会計」という異なる領域から成り、各領域ごとに工事進行基準に対する考え方は異なっています。

現在、話題の中心となっている「工事契約に関する会計基準」は「財務会計」におけるルールであり、それとは別に「税務会計」における工事進行基準のルールも存在することを前提に、今回の記事を読んでみてください。

P.S  「国語 算数 理科 しごと」購入ご希望の方は、こちらからお願いいたします。

|

« 「工事進行基準で経営はこう変わる」第8回 補足 | トップページ | 工事進行基準の適用対象会社は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「工事進行基準で経営はこう変わる」第9回 補足:

« 「工事進行基準で経営はこう変わる」第8回 補足 | トップページ | 工事進行基準の適用対象会社は? »