« 業種別監査委員会報告第27号の改正 | トップページ | 「工事進行基準で経営はこう変わる」第9回 補足 »

2008年9月16日 (火)

「工事進行基準で経営はこう変わる」第8回 補足

日経新聞のWebサイトBizPlusに連載している「適用直前! 工事進行基準で経営はこう変わる」
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/iwatani4.cfm?p=1

第8回「工事進行基準と内部統制の関係 その2」が公開されました。
前回の第7回は、工事進行基準に該当するプロセスは内部統制の評価範囲に含められるという話でしたが、さらに、工事進行基準に係るプロセスで発生した「不備」については、「重要な欠陥」に該当する恐れがある点にご留意ください。

確定した金額をもとに仕訳が作られる工事完成基準とは異なり、工事進行基準を適用する場合、工事原価や進捗度算出に会社の見積り及び予測が混入します。それに伴い「内部統制上の要点」も自ずと増加することになりますので、内部統制制度のさらなる整備が求められるのです。

|

« 業種別監査委員会報告第27号の改正 | トップページ | 「工事進行基準で経営はこう変わる」第9回 補足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「工事進行基準で経営はこう変わる」第8回 補足:

« 業種別監査委員会報告第27号の改正 | トップページ | 「工事進行基準で経営はこう変わる」第9回 補足 »