« 本日の日経ビジネススクール参加者の方々へ | トップページ | 業種別監査委員会報告第27号の改正 »

2008年9月 3日 (水)

「工事進行基準で経営はこう変わる」第7回 補足

日経新聞のWebサイトBizPlusに連載している
適用直前! 工事進行基準で経営はこう変わる
第7回「工事進行基準と内部統制の関係 その1」が公開されました。
本文中、建設業会計特有の勘定科目を説明なく使用してしまいましたので、ここで、簡単に補足しておきます。
建設業会計における仕訳例と( )内は、一般会計で用いられる勘定科目です。

【収益計上時】
  完成工事未収入金  / 完成工事高
  (売掛金)               (売上高)

【原価発生時】
  未成工事支出金  /  現預金
   (仕掛品)

【原価振替時】
  完成工事原価   / 未成工事支出金 
   (売上原価)         (仕掛品)

P.S  「国語 算数 理科 しごと」購入ご希望の方は、こちらからお願いいたします。

|

« 本日の日経ビジネススクール参加者の方々へ | トップページ | 業種別監査委員会報告第27号の改正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「工事進行基準で経営はこう変わる」第7回 補足:

« 本日の日経ビジネススクール参加者の方々へ | トップページ | 業種別監査委員会報告第27号の改正 »