« IT部門向け会計・業務知識講座の御案内  | トップページ | 本日の日経ビジネススクール参加者の方々へ »

2008年8月22日 (金)

本日のセミナー参加者の方々へ 

本日の工事契約セミナーにご参加いただいた皆様、ご多忙のところありがとうございました。

本日のセミナー終了後に「成果の確実性」という概念について、ご質問された方がいらっしゃいましたが、時間の関係で、十分なご回答ができませんでした。
ご回答時に、会計基準中から参照しようとしたのは工事契約会計基準第10項の以下の記述です。

10. 信頼性をもって工事収益総額を見積るための前提条件として、工事の完成見込みが確実であることが必要である。このためには、施工者に当該工事を完成させるに足りる十分な能力があり、かつ、完成を妨げる環境要因が存在しないことが必要である。

この記述をご覧になられると、基準上の「成果の確実性」という概念がかなり厳しいレベルを求めていることが伝わると思います(ただし、システム開発で「完成を妨げる環境要因が存在しないこと」などないと思いますし、「お前に十分な能力があるのか!」と問われると、私、自身、腰が引けてしまいますが)。

ご質問者が、当Blogをご覧になっていることを期待しております。

P.S  「国語 算数 理科 しごと」購入ご希望の方は、こちらからお願いいたします。

|

« IT部門向け会計・業務知識講座の御案内  | トップページ | 本日の日経ビジネススクール参加者の方々へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日のセミナー参加者の方々へ :

» 純資産総額 [純資産総額]
純資産総額 [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 07時18分

« IT部門向け会計・業務知識講座の御案内  | トップページ | 本日の日経ビジネススクール参加者の方々へ »