« 「工事進行基準で経営はこう変わる」第1回 補足 | トップページ | 「工事進行基準で経営はこう変わる」第2回 補足 »

2008年6月11日 (水)

新刊「ソフトウェア業における工事進行基準の実務」

このたび、中央経済社より、新しい書籍を刊行しました。

「ソフトウェア業における工事進行基準の実務」

中央経済社  ISBN978-4-502-28580-6  

Sinkou 本書は、ソフトウェア業を対象に、新しい「工事契約に関する会計基準」への対応手順を示したもので、新会計基準のみならず、平成20年の改正税制、内部統制規制(日本版SOX法)といった関連法令への影響も含めて解説しています。
それは、「どの会社が、新しい工事進行基準の適用対象会社になるのか」という基本的な論点さえも、会計制度全体の仕組みがわからなければ判断できないからです。

適用開始まで、残された時間は限られていますが、本書が皆様の実務の一助になれば幸いです。

|

« 「工事進行基準で経営はこう変わる」第1回 補足 | トップページ | 「工事進行基準で経営はこう変わる」第2回 補足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊「ソフトウェア業における工事進行基準の実務」:

« 「工事進行基準で経営はこう変わる」第1回 補足 | トップページ | 「工事進行基準で経営はこう変わる」第2回 補足 »