« 「工事進行基準で経営はこう変わる」第2回 補足 | トップページ | ソフトウェア業向け工事進行基準セミナー追加開催 »

2008年6月18日 (水)

連結範囲についての実務指針

若干、旧聞に属してしまいますが、2008年5月13日付けで企業会計基準委員会から、
企業会計基準適用指針第22 号「連結財務諸表における子会社及び関連会社の範囲の
決定に関する適用指針」
が公表されました。

http://www.asb.or.jp/html/documents/docs/VC-hanni/

(ASBJのHPにおける会計基準の公開は、2ヶ月間経過後は会員以外は閲覧できなくなりますので、ご注意ください)、
これは、従来、実務上の指針になっていた 監査委員会報告第60号「連結財務諸表における子会社及び関連会社の範囲の決定に関する監査上の取扱い」に代わるものです。

以前、私の会計関連のセミナーにご参加いただいた方々には、連結範囲を判断する際に監査委員会報告第60号を参照する旨お伝えしていたと思いますが、今後は、この新しい適用指針第22号を参照するようご注意ください。

|

« 「工事進行基準で経営はこう変わる」第2回 補足 | トップページ | ソフトウェア業向け工事進行基準セミナー追加開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/41566645

この記事へのトラックバック一覧です: 連結範囲についての実務指針 :

« 「工事進行基準で経営はこう変わる」第2回 補足 | トップページ | ソフトウェア業向け工事進行基準セミナー追加開催 »