« 新刊「ソフトウェア業における工事進行基準の実務」 | トップページ | 連結範囲についての実務指針 »

2008年6月16日 (月)

「工事進行基準で経営はこう変わる」第2回 補足

日経新聞のWebサイトBizPlusに連載している「適用直前! 工事進行基準で経営はこう変わる」
第2回「工事進行基準と工事完成基準」が公開されました。

文中の説明が洩れてしまいましたが、同一の工事契約から生じる利益の総額は、工事進行基準、工事完成基準のいずれを採用しても同額です。工事進行基準の場合には、利益の認識が工事期間に渡って分割されるだけです。

文中のグラフもそのような意図で作成しており、工事進行基準のグラフ上に記載されている点線は、完成基準の利益総額との関係を表したものです。
グラフが小さくてわかりづらいかも知れませんので、この場をお借りして補足しておきます。

P.S こちらもよろしくお願いします 「国語 算数 理科 しごと」

|

« 新刊「ソフトウェア業における工事進行基準の実務」 | トップページ | 連結範囲についての実務指針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「工事進行基準で経営はこう変わる」第2回 補足:

« 新刊「ソフトウェア業における工事進行基準の実務」 | トップページ | 連結範囲についての実務指針 »