« 監査小六法の衝撃 | トップページ | 「減価償却制度改正のあらまし」の公表 »

2007年4月23日 (月)

四半期報告書の提出期限の確定

金融庁から公表された金融商品取引法に関する政令の改正案では、四半期報告書の提出期限を45日と定めています。

それは、「以前から決まっていたのでは? 」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、金融商品取引法の規定は、「45日以内の政令で定める期間内に」(第24条の4の7)となっており、最終的な期日は、今回の金商法施行令(案)の第4条の2の10で確定します。

結局、45日という期限は、当初のアナウンス通りですが、現場レベルでは、結構、厳しいハードルです。
最近では、多くの会社の決算発表は決算日から45日以内に行なわれていますが、取引所へ提出する決算短信と四半期報告書では精度のレベルが違います。

さらに、新しい四半期報告書には経営者による確認書も付けなければなりませんから、現場のプレッシャーは、さらに増加するでしょう。

ここは、ひとつ、政令で定める期間が「45日以内」のもっと短い期日になる可能性もあったわけですから、最長の期日でよかったと、ポジティブにとらえて、頑張りましょう。(気休めにもなりませんね。)

|

« 監査小六法の衝撃 | トップページ | 「減価償却制度改正のあらまし」の公表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/14820932

この記事へのトラックバック一覧です: 四半期報告書の提出期限の確定:

« 監査小六法の衝撃 | トップページ | 「減価償却制度改正のあらまし」の公表 »