« 改正減価償却制度の計算例 | トップページ | 米国上場日本企業の内部統制上の欠陥 »

2006年12月19日 (火)

消費税の端数処理

本日、日経ビジネススクール主催の「SE・IT部門のための実務に役立つ企業会計制度の理解と重要ポイント」を無事に終了することができました。
師走のご多忙時期にも関わらず、参加いただいた方々にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。

本日の講習のなかで、消費税の端数処理についてご説明しましたが、十分な時間がとれなかったため、理解するのが難しかったかもしれません。
手前味噌で恐縮ですが、拙書「ビジネスプロセスと会計の接点」(中央経済社)のp56-76において、現在、適用対象になっている消費税の根拠条文を記載するとともに、現在適用されている経過措置の概要について説明しておりますので、ご利用いただければ幸いです。

また、本日のセミナー内容について疑問点等ございましたら、当ブログまたはメールにてご質問いただければ回答しますのでご利用ください。

|

« 改正減価償却制度の計算例 | トップページ | 米国上場日本企業の内部統制上の欠陥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税の端数処理:

« 改正減価償却制度の計算例 | トップページ | 米国上場日本企業の内部統制上の欠陥 »