トップページ | 棚卸資産の評価に関する会計基準 その1 »

2006年10月28日 (土)

はじめまして

はじめまして。新しくブログをはじめることになりました、公認会計士の岩谷誠治です。

このブログは、以下の2点を目的としています。

ひとつ目の目的は、読者の方々の質問に答えることです。

私は現在、日経SYSTEMS誌(日経BP社)に「財務会計丸分かり」、日経新聞のWebサイトに「これならわかる! 日本版SOX法と内部統制」を連載しています。その関係から、読者の方々からいただいた質問やご指摘には、個別にメールで回答していました。しかし、ご質問の多くは、私自身が見落としていた部分を指摘していただくものが多く、一般の読者の方々にとっても有益なものが多いため、それらご質問事項にお答えする場として、このBlogを活用していきたいと考えています。

ふたつめは、システム開発に携わっている方々に、会計法規の最新情報をお伝えすることです。

先日、定例で開催しているSE及びITコンサルタント向けの会計セミナーの受講者に「棚卸資産の評価に関する会計基準」が変更されたことを知っているかを尋ねたところ、ご存知のかたは、ひとりもいらっしゃいませんでした。

棚卸資産の評価基準として低価法の適用を強制する、この会計基準変更の影響は、我々システム開発に携わるものにとっては、かなり大きいと思うのですが、このような会計情報が提供される機会が少ないことを再認識させられました。

また、同主旨の書籍として「ビジネスプロセスと会計の接点」(中央経済社)を上梓していますが、何分、書籍という性質から、タイムリーな情報提供が難しいところがあります。

そこで、当Blogで、「システム開発に関係する」会計情報をタイムリーに提供していきたいと思っています。

これからも、お付き合いのほど、よろしくお願いします。(どうも、固い文章になってしまいました。これから、徐々に、こ慣れてくると思います。)

|

トップページ | 棚卸資産の評価に関する会計基準 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193241/12482885

この記事へのトラックバック一覧です: はじめまして:

トップページ | 棚卸資産の評価に関する会計基準 その1 »